ドロップアウトした偏差値エリートは幸せになれるのか?

大阪大学・大学院を卒業後、大手機械メーカーに就職するもメンタル不調を発症し2年でニートに。その後紆余曲折を経て現在に至る。 子どもの頃から賢い賢いと褒められて育って肥大化した自尊心と裏腹に、立身出世は絶望的という現実。正直、生きづらい。 そんな奴がこれから人並みに幸せになるにはどうするか考え、実践していく試みです。

Category: 日記

今日は休日出勤でした。

まあ別に嫌ではないんすけど、

つまんねえな人生


と毎日思います。

数少ない趣味である中日ドラゴンズの応援も、クソ弱い上、僕の意に全く沿わない選手起用ばかりするので最近殆ど見てないですし、

後は家と職場の往復ですからねえ。

何も面白いことがないです。

とまあ、こう文句ばかり言ってると有難いことが書いてある本には

「ないものねだりをしてはいけません。身近なことに感謝しましょう。」

と書いてあるんでしょうけどうるせーよ、お前には印税があんだろーが。

ああまた文句を言ってしまった。

幸せは遠いです・・・。

今日は休出の振替休日で休みなんですが、

平日の休みってとてつもなく暇ですね。ええ。

ちょっとさっきジョギングしてきましたが、今は1人ポツンと部屋にいて、ボケーっとしている感じ。


メンタル面の不調とは言え、よくこんな生活をしていたものだと思いますよ。

いくら楽でも何ヶ月何年も続けてたら絶対体に悪いですね、これ。

毎日仕事に行くのはダルいですが、なんか有り難みを感じました。

ですから、仕事が嫌な人は一度ニートになってみると・・・

いや、ならん方がいいです。

一応ブログタイトルは

「ドロップアウトした偏差値エリートは幸せになれるのか?」
 
という

鼻につく新書


みたいなものにしていますが、

正直なところ幸せになるのは殆ど諦めています。

あまりにも失敗を積み重ね過ぎて、条件的に厳しすぎるので。

だから、実のところ目標としているのは

不幸にならないこと


なのです。

それならどんな落ちこぼれにもチャンスはありそうでしょ?

で、そのために一番大事なこと、それは

健康


に他なりません。

例えば、

経済的に成功を収め、異性にもモテまくったが大病を患い闘病の末死ぬ人生



経済的にはカツカツで、一生独身だが全く病気にならず老衰で死ぬ人生

を選べるなら僕は絶対後者を選びます。

痛いのや苦しいのは大嫌いですから(笑)

ただ現実には経済的にも生物的にもダメで、病気にもなるという最悪のパターンもあるわけで、それだけは避けねばなりません。

だからこそ健康だけは同世代の誰にも負けたくないですね。

一応、基本的なことはしています。

適度な運動、毎日7時間睡眠、野菜、3ヶ月に1回の歯科検診。

お陰様で心理的にはイマイチでも体調的にはすこぶる好調です。

健康についてはいずれ詳しく書こうと思います。

現状は、一応問題なく毎日仕事に行ってます。

再就職して2ヶ月くらいになりますかね。

正直まだ右も左も分からない状態で、毎日四苦八苦です。

楽しいかと言われると全く楽しくはありませんが、苦痛とまではいかない感じでしょうか。

まあ、そんなもんでいいでしょう仕事なんて。

「好きなことを仕事にしよう」
「ワクワクを大事にしよう」

と、世の成功者やインフルエンサー(笑)どもはほざきますけど、

どう考えても難易度が高すぎますよ。

逆に

「ああ、世の中には仕事を楽しんでる人がいるんだ・・・。俺はダメだなあ。」

と惨めな気持ちになるだけです。

以前読んだ本に、

「好きなことで生きていく、ではなく、嫌いなことで死なない、くらいに考えておいた方が楽」

と書いてありましたが、まさしくその通りだと思います。

仕事はあくまでも生活の手段と割り切ってやっていくつもりです、はい。

楽しみや生き甲斐はプライベートで見つけたいですね。

ま、現状のプライベートは何も楽しいことはありませんが(笑)

平日は長い通勤時間をブログ書きながら帰って飯食って風呂入って、余裕があれば少々社労士の勉強をして寝るだけ。

休日は読書と映画鑑賞をするくらいでしょうか。

それと、たまに格闘技のジムに行きます(笑)

そのうち書きますが色々思うところがありまして。

適性は全く感じませんが、これは数年続けたいと思います。

こんな感じですかね。

しかしまあ、充実感がないなあ・・・

人並みの幸せは遠いです。笑

初めまして、ピノリーと申します。

自分でエリートとか言っちゃうのはアレなんですけどね。


まあ昔の話ですので。

2度のニート期間を経て現在は底辺サラリーマンです。追々詳細は書いていきます。

電車通勤中暇なんでブログでも書こうかと。

まずはこれまでの人生を振り返っていきます。

それでは。

↑このページのトップヘ