今年の3月から就職活動を始めたわけですが、やはり困難を極めました。

技術職は絶対に無理ですし、前職は契約社員、職歴ブランクは約1年。

実質職歴ゼロの30代と言っていいでしょう。

正直、僕が採用担当ならこんな奴は採用しません(笑)

実際、未経験で受けられる会社はかなり少なく、辛うじて応募していた教育系企業や私立大学職員に応募しましたがことごとく玉砕。

そりゃあそうだよなと思いつつ、一生就職できなかったらどうするんだろうと考え、

生活保護の本とか読んでましたね。

最後はセーフティーネットですから、はい。

そんな中でも現状を打開する策を練り続け、一つの案が浮かびました。

「難関資格でも取るか」

安直な考えでしたが、やはり自分が最も輝くのはペーパーテスト。

難しい資格を取り、それを活かして働くことができたとしたら、人生逆転とは行かないまでも多少は自尊心を回復することができると思ったのです。

それで色々資格を調べたところ、

社会保険労務士が良いのではないかという結論に達しました。

難易度は高いですが税理士や公認会計士よりは短期間で取得ができ、取得する年齢層は30歳以降が大半というところが魅力でした。

そして、勉強しながら社会保険労務士の事務所に雇ってもらえたら、実務も学べて一石二鳥だと思い、ハローワークで求人を調べてみたところ、

結構、あるんですね。しかも未経験可で。

もうこれで行くしかない!と思い、何社か応募した結果・・・

なんと内定をもらいました。今年の7月のことです。

というわけで、現在僕は資格勉強をしながら、とある社会保険労務士事務所で働いております。

正直給料は激安ですし、社会の底辺に近いところにいるのは間違いありません。

同級生たちと比較すると死にたくなります。

今の時点では生きづらくてしゃーないです。

しかし、だからこそ。

この状況を策を凝らして克服してある程度の幸せを感じられるようになるとしたら。

多くの人、特に僕と同じようにエリートコースから落ちたしまった人たちに希望を与えられるんじゃないかと思うのです。

長々と失礼しました。

ここまで僕の昔話にお付き合いいただき、ありがとうございます。