高校入学以降、客観的に見て成績はそれほど悪くないにも関わらず、僕は苛立っていました。

(部活がダメで、結局陰キャラモード真っしぐらだったのも、勉強だけはなんとかしたいという思いを強めたんでしょうね。)

とりわけ苦戦したのが数学。

実は中学の頃から応用問題に苦戦する傾向にあったのですが、高校に入ってからはそれに拍車がかかりました。

全然、解けないのです。

テストでは辛うじて赤点を回避するレベル。

なんとかせねば・・・と思い、色々調べているうち、ある本に出会いました。

それは、

数学は暗記だ!という本。


簡単に言えば、

・解けない問題を長く考えていても、時間の無駄。
・ある程度考えたら答えをさっさと見て解き方を暗記する。
・応用問題も基本問題の組み合わせだから、解けるようになる。

と言う本です。

暗記に自信のあった僕は、このやり方ならイケるのではないか、と思いました。

しかもこの本の著者の和田秀樹氏は、灘高校で落ちこぼれた後、この勉強法で東京大の理科三類に受かったと言うではありませんか。

別に東大に興味があったわけではないですが、妙にやる気が出てきました。

こうして僕は「暗記数学」に取り組むと同時に、和田氏の他の著作も読み漁ります。

すると、
・学校は一度落ちこぼれた学生に合ったカリキュラムを提供してくれない。
・自分に合った参考書や問題集を選んで自習すべし。

といったニュアンスのことが書かれており、僕は大いに感銘を受けます。

そして、

「そうだ、普通にやってても今から上位層には行けない。学校の宿題とか定期テストはテキトーに済まして参考書やりまくろう。」

という、

大いに誤った決断を下してしまうのでした。